Top > 車買取 > 車を飾っていたりもしますが、もったいないです

車を飾っていたりもしますが、もったいないです

車は、庶民にも、お金持ちと同じように、自由気ままな生活を与えてくれました。たとえば、夜中に、どこかに行きたくなっても、行くことができます。タクシーをよんでいくことは、あまり、ないでしょう。ぶらっと、出かけることがかのです。こんな世界、相当に、実は、お金持ちの世界です。昭和もだいぶ前になってしまいましたが、50年前くらいから、始まったことです。車があっての豊かさでしょう。

ところが、それを持たないという若い人が増えているというのです。豊かさは感じることはできないでしょう。全てが自転車での移動になるのです。バイクもです。子供を乗せるのでも気を使いますね。

最近、若い人のお金の使い方で、不思議な光景を見ています。車と、バイク3台。もちろん、趣味なのでしょうが、維持費を考えると、とも働きでないと無理でしょう。それを簡単にしています。しかも、車もめったには使わないのです。家にばかりいるのです。それはもったいないことです。維持費です。

車を持っていても、会社を家の前に飾っている人もいます。お金持ちと思われたいのでしょう。しかし、家は、薄い家です、折れそうです。デザインは凝っていますが、建築違反なのは、明らかです。そこに、外車を置いていたりします。使いません。価値が上がるのでしょうか。

車はお飾りではないというのがもっとーです。使ってこそいいのです。役に立つのがうれしいのです。人の勝手の世界に入りますが、自分ではしないということです。最大限の使い方がいいのです。

そこを、考えないと、車の維持費は莫大になることでしょうね。さらに、ボンネットを傷つけられたりといたづらにもあったりして、管理は慎重にしないといけないですね。

時に寄っては、ご近所にとても、用心しなければいけない方がいたりして、もっと、もっと、すきを突くパトロールをしてほしいのです。習性というのは治りませんから。

 

いい人ばかりではないのですということを、最近、痛感しています。

車買取

関連エントリー
インターネットを使った車買取ティバイティ車を飾っていたりもしますが、もったいないです